PICTURE BOOK

phonautgraph.jpg

「phonautgraph」     

  2019.4.20 イベント用書き下ろし

フォノトグラフとは、フランス人技師の

エドワール=レオン・スコット・ド・マルタンヴェルによって1857年に発明された、音声を波形図に変換して記録する装置です。

その装置の名前を拝借して、「音楽ってどうやって生まれたんだろう?」とか「音楽にはどんな力があるんだろう?」とか色々想像を膨らませながらこんなお話を描いていきました。

結局答えはわかりません。

それでも。

時を超えて。距離を超えて。

今日も音楽が、誰かと誰かをつなぐものであることを願っています。

​                  佐々木耕介